Featured post

VHSをDVDにダビング

実家にたくさんのVHSがあります。
VHSからDVDに変わってはや何年か経ちますが、今だテレビデッキの下に放置されています。

もちろん今でも見ることが出来ますが、巻き戻しも早送りも、まぁ面倒くさい!!
再生させながら巻き戻すと時間がかかるし、ビデオデッキだけ起動させて作業すると
どれだけ巻き戻したのかもわかりません。

たまにラベルと中身が違ったり、一本のテープに色んなドラマが映っていたりします。
懐かしい~と見入ってしまうこともしばしば・・・

VHSに大事な思い出を入れたままの人も多いですよね。。。
幼い頃の運動会や自分の結婚式など、一生に一度の思い出もたくさん詰まっています。

しかしフィルムが切れたり、劣化して見れなくなってしまうことも・・・
またVHSは場所もとるので、片付けも大変で大体はダンボールの中に眠っています。

ダビングする方法もいくつかありますが、なんだかんだ放置したまま。
でも見たいときに劣化して見れなくなっているという予想も出来ている。。
一度ダビングしてしまえば今までのVHSの場所もあくし、思い出がなくなってしまうなんてこともありませんよね。

↓↓↓
VHSをDVDにダビング

思い出マニア

最近ustreamの生放送にハマっていて暇さえあればustreamを楽しんでます。

結構観ていると人間観察なども出来て面白いですよ!

しかも海外の人とも交流が出来たり行ってみたい場所の映像が流れていたりで旅行気分を味わってみたりしています。

先日私の妻から「そんなustreamの生放送だって大切な思い出なのに録画しておかなくていいの?」と・・・

自分は思い出マニアで今までの事を全て記録していたのでごもっともです(笑)

「でもな~難しそうだしな~」と悩んでいると、妻が「はいっ」と綺麗にラッピングされた小さな箱を渡してくれました。

あっ忘れてた、自分の誕生日だったんだ。

中にはustreamを生放送録画ができるソフトが入っていました。

正直最初は「難しくて操作出来なかったらどうするんだよ」って気持ちもあったんだけどそこは有難く頂戴して試しにお気に入りの沖縄のライブカメラを録画してみました。

そしたら思った以上に簡単でなんでもっと早く使わなかったんだろうと少し後悔しました。

だから今日もustreamを生放送録画できるソフトを使って録画しちゃってます。

今は私がustreamの生放送録画に夢中なので横で妻がスネていますが・・・

誕生日プレゼント本当にありがとう。

真央ちゃん、笑顔でしめくくる。

 ソチオリンピックの浅田真央選手のエキシビション、とっても印象に残りました。屈託のない笑顔で滑っていて、すごくチャーミングでした。最後の最後に満足のいく演技ができて、本当に良かったと心から思います。
 ショートプログラムが終了した時点では、明日のフリー大丈夫かな?見ていて心配になるくらいでした。あれほど、落ち込むような結果にもかかわらず、たった一晩で自分の心の整理ができるって、ほんとすごいことだと思います。自分が23歳のころだったら、何か少しでも失敗すると、いつまでも引きずってばかりいました。やはり、オリンピック選手、強いですね。
 フリーも素晴らしかったですが、私はエキシビションを見て、これが、本来の健やかで、純粋な真央ちゃんだ!とつくずく思いました。真央ちゃんの良さが、本当ににじみ出ていたと思います。何時も、こういう雰囲気のプログラムで、本大会も構成するといいのに・・なんて頭によぎった人いませんか?けっこう、いると思います。
 今度の世界選手権は出場することになっているので、真央ちゃんの素直さや明るさが前面に出るといいですね。
 真央ちゃんの笑顔は、私の心を、すっきりさせてくれました。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

経営者に必要なこと

経営とは、2人以上の組織を取りまとめ、目標を達成する活動のことを言います。
最も身近な例は、家族や友人の意見や利害を調整して、同じ行動をとることです。
一般に、目標や目的が明確的で、参加者数の多い組織的な活動が経営と呼ばれます。
このような組織の活動において最終的な決断を下したり、重大な影響力を持つ者が経営者です。
経営者は組織の行動やその結果に対する責任を負い、非難の対象にもなります。

経営者に求められるのは、人格と言われています。
家族や友人との関係を考える場合と数千人、数万人の企業の経営を考えるのでは、世界が異なるが、基本的に、経営者は組織の構成員の感情、心理、利害、制約を理解して、組織に対して最大公約数的であり、かつ最も適切な行動計画を示すことが求められます。
経営者は、自己の利益や一部の組織の構成員の利益を追求するのではなく、組織全体として最大の利益を追求しなければなりません。
経営者の第1の条件は、このような「無私」あるいは「利他」の思考や心を持っことだと言えます。

次に経営学において、経営(マネジメント)はリーダーシップと分けて考えられることがあります。
そのような狭い意味において経営に求められるのは、一定の目標や目的、あるいは特定の戦略をいかに実行して、目標や目的を達成するかということである。
そこでは戦略性ではなく戦術が問われる。大局観に合った最適な方針を示し、上手く事を運ぶことが、狭い意味の経営です。

経済学と経営学

経営者になるには、色々な知識が必要となります。
「経営学」は、経営者になるための重要な勉強ではないでしょうか。
「経営学」以外にも「経済学」というものがあります。
その「経営学」と「経済学」の違いについてご説明します。

経済学では、各主体(個人・企業、およびそのほかの組織体)の行動が市場原理にゆだねられた場合の帰結(均衡)と、そこでの資源配分の効率性や社会的総余剰の適切さについて分析したり、社会システムの構造を物象化の機序を明らかにしつつそこに生起する論理と動態を明らかにすることに重点が置かれ、数学に近い学問です。
それに対し、経営学は、いかにすれば企業(およびそのほかの組織体)がその業績や効率性を向上させることが出来るかを明らかにしようとすることを指します。
つまり、社会全体を見るか、一組織を見るかの違いです。
経営学的視点の最も古いものはフレデリック・テイラーの科学的管理法がその1つと考えられます。
また、同じ「企業」を観察する場合でも、経済学では各企業が合理的な行動をとった場合にどのような状態が現出するかを考察することが多く、経営学では企業がどのような行動をとることが合理的かを考察するといった違いがあります。

以上のような学問的出発点の違いから、経営学では個々の企業間の差異が注目されるのに対し、経済学ではその差異にはあまり注意が払われない場合が多いようです。
興味のある方は「経営学」や「経済学」を学ばれてはどうでしょうか。

経済学の定義

経営者には、「経済学」というものが必要になります。
その「経済学」の定義についてご説明します。
興味のある方は、「経済学」について学ばれてはどうでしょうか。

・社会システムの中での企業の運営
経営学とは「社会システムを中心とする環境のなかで企業がいかに運営されているか」を解明する学問とされています。
その対象は、今日において企業はわれわれにとってきわめて重要な存在となっています。
また、こうした企業についての経営学は基本的なものとして、その他の諸組織に容易に応用出来るので、経営学の対象は企業に限定されます。
広くは企業だけでなく、官庁組織、学校その他一般に組織といわれるものすべてを含むと考えられます。

・企業を対象とする領域学
経営学とは、「企業」という特定の領域を対象とする領域学のことです。
「領域学」とは、経済学や社会学や心理学といったように、特定の限られた変数群と一定の理論的枠組みとを用いて、対象世界に接近する「ディシプリン」の学問ではなく、教育学や宗教学と同じように、変数群や理論的枠組みを特定化するのではなく、むしろ対象世界を特定化して、それに対して多面的に接近する学問であることを言うそうです。
その領域学としての経営学の対象は、企業とされています。
企業は形式的には生産の担い手であるといわれるが、生産という言葉のなかには、財やサービスをつくるという意味はもとより、新しい知識を生み出すという意味もまた含まれる。

経営学とは

経営者(けいえいしゃ)は、簡単に言ってしまうと組織の経営について責任を持つ者のことです。
その経営者になるには、経済学というものが必要となります。
経営学(けいえいがく、business administration, business management)についてご紹介します。
広義には、組織体の運営について研究する学問分野となっています。
対象は企業組織とする場合が多いですが、企業組織に限定せず、あらゆる組織体(自治体やNPOといったもの)が経営学の対象となっています。
狭義には、組織体の効率的や効果的な運営のための長期的視野に立った理論の構築を目的とする学問と捉えられています。
その際は会計学やマーケティングといった分野は除外されています。

その日本における経営学の問題意識を明白にするためには、次の2つのことが必要となります。
1つ目は、企業(およびそのほかの組織体)の構造と機能を貫く法則性を明らかにすることです。
ドイツの経営経済学が、この法則性の追求をメインテーマにしているようです。
2つ目は、その法則性に基づいた経営の実践的技法を編み出すこととなっています。
アメリカの経営管理学が、この技法の追求をメインテーマにしているようです。
日本においては、経営経済学や経営管理学の2つをまとめて経営学と呼ぶ学問体系が確立しているようです。
もし、経営者を目指している方は経済学について学んでみては如何でしょうか。